雪を綺麗に排除

グレーと白のキッチン

雪が沢山降る地域での冬には、除雪作業が欠かせません。 いわゆる雪かきですが、一口に雪かきと言っても色々な方法があります。 屋根の雪下ろしや道幅を広くする作業、固まった雪をどかす作業など幅広く雪は降り積もります。 最も注意が必要なのは、屋根の雪下ろしです。 よくはみ出している下の部分だけを落とそうとする人がいますが、絶対に危険です。 屋根の雪下ろしは上から下へ落とすのが正しく、下から先に下ろすと上の雪が雪崩のように落ちてきてしまいます。 またかなりの体力と根気が必要なのも、雪かきです。 きちんと正しい姿勢と道具を用いなければ、腰を痛める原因にもなります。 除雪作業は簡単なものではなく、かなりの根気が強いられます。

除雪作業はやり方次第で腰を痛めたり、肩を痛めたりする原因にもなります。 道具も雪の固さや量によって使い分けることが出来れば、それらを防ぐテクニックにもなります。 固い雪にはシャベルやスコップなど、また量が多い雪にはスノーダンプと言った女性でも手軽に雪を運べるものを利用するのがちょっとしたコツです。 またブルドーザーなどによる除雪作業で固くなった道路は、非常に滑りやすいです。 その時はきちんとどこの除雪を行ったかの情報を、常に把握して気をつけておけば、転倒の危険も回避出来ます。 更に凍った道の上に新雪が積もると、非常に滑りやすくなります。 その場合は、よくホームセンターなどに売っているプラスチック製の雪かきスコップでさっと雪を避けるだけでも滑りが違ってきます。 雪国では当たり前の豆知識が、危険回避に役立つはずです。